“かわら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
53.6%
17.6%
河原17.2%
川原6.8%
1.6%
1.2%
伽和羅0.4%
瓦礫0.4%
0.4%
0.4%
訶和羅0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伴蔵は海音如来のお守を抜きとると、其のあとへ持って来ていたで作った不動様の像を押しこんで、もとのように神棚へあげた。
円朝の牡丹灯籠 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
河が少し開けてに下り立つと、水の流れた跡が箒で掃いたように残っている砂地には、鹿や羚羊の足跡が無数に印せられている。
渓三題 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
私はあの日、ここの河原で、言語に絶する人間の苦悩を見せつけられたのだが、だが、今、川の水は静かに澄んで流れているのだ。
廃墟から (新字新仮名) / 原民喜(著)
拾玉集』に「すごきかな、加茂川原の河風にみのげ乱れてるめり」。為家の歌に「ゐる鷺のおのが蓑毛も片よりに、岸の柳を春風ぞふく」
蓑のこと (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
どすっ——と、のうえに、首がころげ落ちた。韓福の顔だった。あたりの部下は胆をひやして、われがちに赤兎馬のから逃げ散った。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の上から、淋しい人通りを覗いている時分でした。
『日本紀』五に彦国葺武埴安彦を射殺した時、賊軍怖れ走ってより漏らしを脱いで逃げたから、甲を脱いだ処を伽和羅といい、屎一件の処を屎褌という。
その犬とも狼ともつかないものが振返った方角から、ぼろを頭の上からかぶった男がひとり、散乱した円柱や瓦礫の間を縫って、杖をたよりにとぼとぼと近づいてきた。
霊魂第十号の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
あるいは例の消極的修養に必要な道具かも知れない。し或る学者が何とかいう智識をうたら、和尚両肌を抜いでしておられた。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と呼ばれる敷木の上へ、ピッタリ指先を押しあてた。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ここに河の邊に伏し隱れたる兵、彼廂此廂一時に興りて、矢刺して流しき。かれ訶和羅に到りて沈み入りたまふ。