“拾玉”の読み方と例文
読み方割合
しゅうぎょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
拾玉集』に「すごきかな、加茂川原の河風にみのげ乱れてるめり」。為家の歌に「ゐる鷺のおのが蓑毛も片よりに、岸の柳を春風ぞふく」
蓑のこと (新字新仮名) / 柳宗悦(著)