“いらか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
99.3%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雲の峰は崩れて遠山の薄く、見ゆる限りの野も山も海も夕陽のみて、遠近の森のに並ぶ夥多寺院のく輝きぬ。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
障子を細目に開けて見ると、江戸中の櫻のが一夜の中にらんで、の波の上に黄金色の陽炎が立ち舞ふやうな美しい朝でした。
太陽の若き光は古びたるを暖め