“遠近”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おちこち51.0%
をちこち35.6%
えんきん6.7%
ゑんきん3.8%
あちこち2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠近ではが勇ましく啼いた。市郎はを蹴って跳ね起きた。家内の者共は作夜の激しい疲労に打たれて、一人もまだ起きていない。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
名ある山々をも眼の前脚の下に見るほどの山に在りて、夏の日の夕など、風少しある時、谿に望みて遠近の雲の往来を観る、いと興あり。
雲のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
最初彼女った現象として霊視で、それはんど申分なきまでに的確明瞭、よく顕幽突破し、遠近突破しました。
こゝに信州六文錢世々英勇なることなり。はじめ武田家旗下として武名遠近きしが、勝頼滅亡徳川氏歸順しつ。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
鶏の鳴きかわす声が遠近の霧の中に聞える。坂を越して野辺山が原まで出てまいりますと、霧の群は行先に集って、足元も仄暗い。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)