“勝頼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かつより100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“勝頼”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
信玄しんげんの死んだあとは、勝頼かつよりの手から、供養くようのためと恵林寺えりんじ寄進きしんしてあったのである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「だまれ、わしも信玄しんげんまごじゃ! 勝頼かつよりの次男じゃ! 野武士のよる山城ぐらいが、なにものぞ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)