“わた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ワタ
語句割合
35.7%
16.9%
16.4%
12.8%
綿6.4%
1.6%
1.5%
0.9%
0.9%
0.7%
0.7%
0.6%
0.4%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
交付0.2%
0.2%
0.2%
綿花0.2%
遞與0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
手渡0.1%
0.1%
0.1%
木棉0.1%
木綿0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
渡来0.1%
渡舟0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
逓与0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
入り江の海をのような形にみせる役をしている細長いの、そのとっぱなにあったので、対岸の町や村へゆくには小舟でったり
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
これは余事にるが、日本の歴史小説も、史実の詮索に溺れるよりも、シェクスピーアの偉大さと深さを学ぶべきではあるまいか。
小便の海をり歩いて小便壺まで辿りつかねばならぬような時もあった。客席の便所があのようでは、楽屋の汚なさが思いやられる。
日本文化私観 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
イヤしかしそなたの質問大分領分外事柄ってた。産土のことなら、よりもそなたの指導役しいであろう。
隣の綿の師匠の家は弟子やら町内の金棒曳きやらでハチ切れるやうなしさです、多分この變事の噂でもしてゐるのでせう。
りではけれどくすとはを、デハしからしませう深山がくれののおひさして莞爾とすれば、アレふてははぬぞよ
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
……あまつさえ、目の赤い親仁や、襤褸半纏漢等、俗に——云う拾いが、出刃庖丁を斜に構えて、このを切売する。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白いのように飛んで、室を目がけて、夕日に光る障子に、羽影をひらめかせる、風が死んで楊の葉はそよとも動かない。
谷より峰へ峰より谷へ (新字新仮名) / 小島烏水(著)
岸より一丈あまり下に両岸よりさしむかひたる岩のあり、これをたよりとしてしたる也。
彼等は心に神を留める事を欲しないから、神も彼等を為すがままに放任して屠りにし給うたのである(三四の二)。
帝大聖書研究会終講の辞 (新字新仮名) / 矢内原忠雄(著)
ひと年かふた年ぐらい裏の畑にを作ったことがあった。当時子供の自分の目に映じた棉の花は実に美しいものであった。
糸車 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
北インド咀叉始羅国の北界より信度河を渡り東南に行く事二百余里大石門をる、昔摩訶薩埵王子ここにて身を投げて餓えたる烏菟を飼えりとある
「ゑぞぶき、此種蝦夷より来る葉甚だ大にして、茎葉白毛あり、旅人急雨の時採って傘に代て雨を凌ぐ、大さり六七尺、茎甚だ肥大、柱の如く稜あり高さ七八尺味淡し下品」
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
「……イイエ……お神さんが負うて帰らっしゃったかと思うて……しゃ……」
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
かかるにも心にあれば、煌々耀れる御燈み行きて、天尊御像消失せなんと吾目に見ゆるは、納受の恵にれ、擁護の綱も切れ果つるやと
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
起きよ、我儕往くべし。我をすもの近づきたり、此如いへるとき十二の一人たるユダと棒とを持ちたる多くの人人とに祭司のと民の長老より来る。
接吻 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
さばれなるひには
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
(原註。伊太利の旅を知らぬ人のために註すべし。彼國の車主は例として前金を受けず、途中の旅籠一切をまかなひくれたる上、小使錢さへ客に交付し、安着の後決算するなり。)
越ゆと六騎がは舟めてぎ連れ矢声あげにし (鮟鱇組)
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「芝浦の漁人も網を打忘れ月には厭ふいわし雲かな」といへる狂歌、天明頃の人の咏にあり。青き空の半ほど此雲白くつらなりてれる、風情ありて美はし。
雲のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
第八 衣服精粗美惡分限るとも、肌着木綿フラン子ルをとす。蒲團中心しくきたるものをに、綿花らず穗苗藁其外きたるものをぶべし。
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
少女は、いざ藥草を采りて給へと云ひて、右手を我にさし着けたり。われは鬼にせらるるものゝ如く、岸に登りて彼しき花を摘み、束ねて少女に遞與しつ。
われは遞與されたる拳銃を持ちながら、猶身を脱せんとして爭へり。友。彼君は淺はかにも汝にきしならん。汝は誇らしくも、そを我に、そを羅馬の民に示さんとす。
この類の話し古くインドにもあった。『根本説一切有部毘奈耶破僧事』十八から十九巻にって、長々と出居る。なるべく短く述べるとこうだ。
サウシーの『コンモン・プレイス・ブック』四輯に、コングリーヴの一犬ペンクリッジ寺の修繕一年にり誰も詣でざるに、日曜ごとに独り欠かさず詣でたと載す。
矮い偃松を蹈みって、ぼろぼろに岩の崩れた山稜を登って行く、脚の下は霧のめた深いガレのようだ。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
ユスチニアーヌス帝のディゲスタ法典に拠れば、もし近辺に河海なきときは、猛獣にしてその身体を裂かしむとある。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
名は雇人なれども客分にはれ、手代となり、顧問となりて、の重宝大方ならざれば、四年きにれども主は彼をすことを喜ばず、彼もまた家をふる必要無ければ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
れもしませぬ、それは三浦家嫁入りするのことでございました、一振りの懐剣手渡
寛保元年(千七百四十一年)においては、露国の海艦ベーリング、亜細亜亜米利加頸首たる海峡をり、白令海の名これより起れり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
周防の海かぜふきかはりみなの黒雲いでて秋の雨ふる
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
饑饉年が来るから用心しなさいと言って、その晩、夜どおし触書をつくって諸方へ廻して、皆の者に勧めることには、明地空地は勿論のこと、木棉を植えた畑をつぶしてもいいから
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
深山幽僻の地なればはもとより木綿をもぜざるゆゑ、衣類しき事おしてしるべし。
ここにその建御名方の神の手を取らむと乞ひして取れば、若葦を取るがごと、ぎて、投げ離ちたまひしかば、すなはち逃げにき。
天皇や地主・資本家等の、労働者・農民、勤労大衆の搾取と抑圧の上に安住している者共が支配していないで、働く者が政治権力を持ち、経済、文化のすべてにって支配しているからだ。
天帝釈化して猴となり身に疥癬を病めり、来り進んで猴衆に石を負わせ、海をがしめ衆るを得とあり。『宝物集』にも似た事を記す。
新しく琉球から渡来ってきた三味線を工夫したり、またその三味線を基礎にして今様の歌謡ができて来たり、その派生から隆達ぶしだの上方唄だのが作られたり、そういったものは
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
翌々日、二人は、手筈し合わせて、向島から竹屋へ渡舟った。二人の後から五、六名の捕手が、平和な顔をして、歩いて行った。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土地では數代にる家柄で、暖簾の信用も一と通りでなく、代々蓄積した富も、容易ならぬものがあるでせう。
摂津守を総督に任じて随行には勝麟太郎(今の勝安芳)以下長崎伝習生を以てし、太平洋をりて北米桑港くことを命じ、江戸湾を解纜したるは、実に安政六年十二月なり。
河豚赤魚、つばす、牡蠣、生うに、比目魚の縁側、赤貝のの赤身、等々を始め、椎茸松茸などに迄及んだが、は虐待して余り用いず、小鰭、はしら、青柳
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「露八、これを持って、今夜る春日丸に便乗させてもらえ。大坂までは、これで行ける。……だが、大坂にも永くいるなよ。仔細は云えんが、当分、もっと無事な所へ行け。いいか」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(此一條三國通覽より抄ス。) 然るに古今經世之事併籌海守禦之事をに、皆是封内の事のみにして其邊海にるものなし。
他計甚麽(竹島)雑誌 (旧字旧仮名) / 松浦武四郎(著)
氏はにそれを逓与して、わたしはこれはらない、と云いながら、見つけたものが有るのか、ちょっと歩きぬけて、百姓家背戸雑樹籬のところへ行った。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
初々しき大島田のやうにりばなしふさ/\とかけて、鼈甲のさしつきのかんざしひらめかし、何時よりは極彩色のたゞ京人形るやうにはれて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
殺婦長者既に多くの妻を先立てし罪業をれ、新妻を娶るとぐさま所有鎖鑰を彼女にし、わが家の旧法仏僧に帰依すれば、汝も随時僧に給事して、るなかれというた。
幽山にの興はつきたる時にあらず、荒榛き、峭※る間にあるなり、栄達はむべきにあらず、栄達を得るに至るまでの盤紆こそ、まことにすべきものなるべし。
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)