“事柄”の読み方と例文
読み方割合
ことがら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
友人、芹川進君を紹介します、先生の御指南を得たいにて云々という大まかな文章である。具体的な事柄には一つも触れていない。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
『えゝ只今足下御關係事柄で、申上げたいとふのですが。』と、市役所員居並人々挨拶むとした。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
可愛相にねえ貴方書面によると亞尼は、弦月丸沈沒いて、私共まぬとになつたのですよ。事柄一塲悲劇です。