“事毎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ことごと93.8%
こと/″\6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さもなくとも何か知ら機嫌が悪くて、事毎に難癖をつける。まごまごすると烈火のように爆発するなぞいう難物があります。
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それと同時に僕のことを、彼等は「憤慨居士」とも称しているそうな。し気に喰わぬことがあれば、事毎に憤慨する。
青バスの女 (新字新仮名) / 辰野九紫(著)
事毎をついているのが、いかにも平生の父らしく感ぜられて、きっとその時の通りであったろうと推量するにつけても、そう云う父が剛腹な顔つきをして車に乗せられ、首に鉄をめられて
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)