“まが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マガ
語句割合
33.7%
28.4%
17.9%
3.9%
3.2%
2.1%
1.4%
間借1.4%
0.7%
0.7%
屈曲0.7%
彎曲0.7%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
湾曲0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
退0.4%
0.4%
間違0.4%
麻賀0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りかゝるホーカイの男女が二人、「まア御覧よ。お月様。」とつて立止つた山谷堀岸辺るが当付がましく
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
正宗相伝の銀河に大湾に、火焔鋩子の返りが切先長く垂れて水気るよう……中心に「建武五年。於肥州平戸作之盛広
冥土行進曲 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
此夜、御所の溝端に人跡絶えしころ、中宮の御殿の前に月を負ひて歩むは、ふ方なく先の夜に老女を捉へて横笛が名を尋ねし武士なり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
トラックを急がせて、会社近くのり角へ来たとき、不意に横合から、五六人の男が、運転手台へ飛びった。
(新字新仮名) / 徳永直(著)
方士である藻草、深淵の底に眠つてゐられる、忘却の花は、その眼のいて咲いてゐる。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
今度こそ正真いなしの無電小僧にやられたんだわ。これはほんとうでしょう。今度は無電小僧も新聞に投書しなかったから。
ニッケルの文鎮 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
いかなればかくれる世ぞ。身は良人を恋い恋いて病よりも思いに死なんとし、良人はかくもいて居たもうを、いかなれば夫妻の縁は絶えけるぞ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「そんな野暮なことは云はないで、續いて僕等を置いて貰ひたいですが——知らない家の間借りをするのも何だか不安心ですから、ねえ。」
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
の時なり、奧の浦
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
鍛人天津麻羅ぎて、伊斯許理度賣の命にせて、鏡を作らしめ、玉のの命に科せて八尺の璁の五百津御統の珠を作らしめて天の兒屋の命布刀玉の命をびて
しかしをして露西亜わしめたならば、ず十二ではない、三陽気っても、っていたがるでしょう。寒気屈曲ってしまうでしょう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
足もとの地面を見つめてかんがへてばかりゐる人間の腰ははやく彎曲
もののふの八十をとめ寺井堅香子 〔巻十九・四一四三〕 大伴家持
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
葉子はぽんと高飛車に出た。そしてにやりとしながらがっくりと顔を上向きにはねて、床の間の一蝶のひどいを見やっていた。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
外は星夜で風の無い静かな晩である。左へれば公園脇の電車道、銀之助は右に折れてお濠辺通行のない方を選んだ。ふと気が着いて自家から二三丁先の或家瓦斯燈で時計を見ると八時である。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
海月みたいに盛り上っては動くその耳を見ると、釘抜形にった藤吉の脚が、まず自ずと顫え出して、気がついた時、本八丁堀を日本橋指して藤吉は転ぶように急いでいた。
の逆毛を針のように立て、射られた一眼に矢を折り掛け、二振りの剣と見うような二本の牙を喰いそらして雷光の如く突いて来た。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ここに答へてのりたまはく、「まづ問はえたれば、吾まづ名告りせむ。事も一言、善事も一言、言離の神、葛城一言主の大神なり」
大きな貝が、つた孔のあるものは、皆んなそんな音がするよ。
それは、死体の左腕が内側に湾曲っていたからだよ。
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「それは、そうですね。しかし、この程度のい物なら、一度手に取って見れば、スグえられますよ。ほんの見たところだけの、ごく大ザッパな模造ですから」
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
右の方は女竹が二三十本立っている下に、小さい石燈籠の据えてある小庭になっていて、左の方に茶室いの四畳半があるのである。
心中 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
りながら急いで谷にぐ、無数の小川
るがゆゑ箇樣々々結納り明日遞與變改なき樣致してと云れて忠兵衞主個が前を退ると其まゝ長三郎が部屋へき先方がこと兩親がこと萬事上首尾なるよしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
義尚将軍のりの里の陣は、応仁の一乱によって促進された大勢に、さらに動かすべからざる決定を与えたものだ。
その拍子にふと見れば、こはそも如何に男は間違なく若旦那柳絮、女はわが家に隠匿ったおではないか。しまった事をした。情ない事をした。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
先づ萬づの吉善と云に對ひて萬の凶惡を麻賀と云ふ。故に御祓の段に禍(まが)と書けり。扨其は體言なるを用言にして麻賀流と云ふ。物の形の曲るも其中の一也。
詛言に就て (旧字旧仮名) / 南方熊楠(著)