“善事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よきこと25.0%
よいこと12.5%
いいこと12.5%
いゝこと12.5%
ぜんじ12.5%
よごと12.5%
ろく12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にせめては其面影めんと思いたち、亀屋の亭主に心られたるとは知らで善事考えせしに吉兵衛に相談すれば、さて無理ならぬ望み
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
かあさま、それでは私はモウどうしてもいことは出来升まいか、私が何か善事をしようと思ひ升と、いつの間にか外の考へが来て邪魔をして居升もの。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
説いてるうちに、何かう、自分が今善事をしてると云つた様な気持がして来た。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
善事は覚えねえで、密夫をこしらえてお屋敷をげ出すのみならず、御主人様を殺し、金を盗みしというは呆れ果てゝ物が云われぬ、お母様が並の人ならば、知らぬふりをしておいでなすッたら
醤にうまくいいくるめられている王水険大先生は、最高の善事をするつもりで、醤を引具し、窓下に高梯子をかけ、それをよじ登って、窓からそっと金博士の様子をったのである。
ここに答へてのりたまはく、「まづ問はえたれば、吾まづ名告りせむ。事も一言、善事も一言、言離の神、葛城一言主の大神なり」
見ると日頃せし兄清兵衞よりの手紙しくはあれども蕩樂者ゆゑ善事では有まじと
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)