“善女”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぜんにょ50.0%
ぜんによ33.3%
ヨメ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
医者の薬も瑠璃光薬師より尊き善女の手に持たせ玉える茶碗にてまさるれば何ざるべき、追々快方に赴き
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
我れ三文字屋金平救世大本願し、一切善男善女をして文学者たらしめんとし、百でツたの如くのたり/\として工風
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
神事に与る善女であつて、桂あたりの販婦である。