“善女人”の読み方と例文
読み方割合
ぜんにょにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
津々浦々渡鳥稲負閑古鳥。姿は知らず名をめた、一切の善男子善女人木賃夜寒の枕にも、雨の夜の苫船からも、夢はこのに宿るであろう。巡礼たちが霊魂は時々此処に来てぼう。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)