“一人女”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひとりむすめ80.0%
ひとりをんな20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
快くいて、北陸地方を行脚の節はいつでもを休める香取屋というのがある、は一旅店であったが、一人女の評判なのがなくなってからは看板をした
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わたくしはお石さんに暇乞をして、小間物屋の帳場を辭した。小間物屋は牛込肴町で當主を淺井平八郎さんと云ふ。初め石は師岡久次郎に嫁して一人女京を生んだ。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
一人女」「一人坊主」は、暴風か、火災か、難破か、いづれにもせよ危險ありて、ふのなりと言傳へて、船頭めり。其日加能丸偶然旅僧せたり。
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)