寿阿弥の手紙じゅあみのてがみ
わたくしは澀江抽齋の事蹟を書いた時、抽齋の父定所の友で、抽齋に劇神仙の號を讓つた壽阿彌陀佛の事に言ひ及んだ。そして壽阿彌が文章を善くした證據として其手紙を引用した。 壽阿彌の手紙は苾堂と云ふ人に宛てたものであつた。わたくしは初め苾堂の何人た …
作品に特徴的な語句
汝等なむぢら あへ ゆたか まじはり おつし ひつじの よしみ じつは かゞや かうむ じやく とぶら にはか あらは かゝへ おほい あやまち とぶらひ さきだ ほしいまゝ 上被うはおほひ さが しやう とぼ くはし かへりみ つかは はゞかり かたはら すみやか おなじく まづ こゝ ぐら ぬぐひ すこし こゝろみ しも よゝ づゝ やゝ をひ ばかり かの あきらか よし 怪訝くわいが さふら にはか しばら まさ かん とゞ もつとも つい こうぢ ばかり さいはひ いくば おぼ けぶ たゞ もと てつ くは はなは 終焉しゆうえん おほ 思惟しゆゐ つく こゝろ ちなみ はゞ あるひ せい まじ すなはち すなはち きれ かく さしまね 入魂じゆつこん きた さゝ 有合ありあふ 百足もゝた 鴻儒こうじゆ あて 丙戌へいじゆつ かく 御噂おんうはさ ならび やまひ うぢ