旅僧たびそう
去にし年秋のはじめ、汽船加能丸の百餘の乘客を搭載して、加州金石に向ひて、越前敦賀港を發するや、一天麗朗に微風船首を撫でて、海路の平穩を極めたるにも關はらず、乘客の面上に一片暗愁の雲は懸れり。 蓋し薄弱なる人間は、如何なる場合にも多くは己を恃 …
作品に特徴的な語句
わつし いゝや 私等わつしら 平日ひごろ かへ 私等わたくしども うへ さが いで 生死しやうじ 暴風あれ きは ふさ あやふ かゝ 理由いはれ 如何いかゞ さう 大笑たいせう 父樣おとつさん 乘客じやうかく おぼえ こひねが とう さう ほつ かま いゝえ しう さう 服裝いでたち ますま おそろ てう まへ やゝ 出懸でが だん めづら 一片いつぺん はう 一通ひととほり いへ おほ 寂寞じやくまく ちゝ 此方こつち とほ あまり わが とも 彼方あなた 目下いま おそれ いたゞき 船路みち 船長せんちやう さい あつま かう きふ つめた なん いかり いた たふと 語出かたりいだ だい 言傳いひつた 報酬はうしう たづ はい おのれ わし 逡巡しりごみ 年前ねんまへ 呶々どゞ かげ 法話ほふわ 可愛かはい 危險けんのん たか 御經おきやう 前兆ぜんてう てつ こゝろ すゐ じよ おとがひ 不幸ふかう もと 健康けんかう