“餘”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
あま60.1%
14.5%
あんま10.9%
あまり8.7%
あん2.9%
ほか1.4%
0.7%
あンま0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浴室からもえて、りと湯氣すと、ほかの土地にはりあるまい、海市する、山谷蜃氣樓つた風情がある。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
吟味せしに殘金十一兩りたり是を思へば文右衛門盜賊でなき事は明白なり斯程に證據ある上は汝何程陳ずる共なき事ぞき思ひを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
れを種々ふてるとさんだとてだとてなりなりのたいは當然なれど、りうるさく出入りをしてはとへられて
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さへあらずば無事なるべきにと、各々に、するにるまで、怨恨骨髓して、法華僧へり。
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
どうも、さんもまり近頃御出でないし、御無沙汰してゐるのでね、つい御前御話をするにもかなかつたんだよ
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
取行ひける此平野村には感應院より修驗もなきことゆゑ村中に何事の出來るとも甚だ差支へなりと名主甚左衞門は感應院へ村中の者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それとも、まり手輕ったとおひなさるやうならば、をして、さうにはう、たとひお言寄りなされても。さもなくば、世界かけてとははぬ。
オヤ、可哀相さなは!がお靴足袋穿かしてくれるでせう?には出來ないわ!でも、れてるんですもの。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)