“近頃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちかごろ97.4%
このごろ2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女蕩らしの浮氣もの、近頃年増振けて、多日遠々しくなつてたが、一二年馴染んでたのであつた。
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
八のくしながら、せた眼先を、ちらとかすめたのは、をいれて使うという、近頃はやりの紅色糠袋だった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
そら近頃出来たパン屋の隣に河井て軍人さんがあるだろう。彼家じゃア二三日前に買立のの大きな金盥をちょろりとられたそうだからねえ
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
近頃新築したといふ立派な医院で、まだがぷんとしみた。細君は四十五六の善良さうな人で、たしか二度目だつた。
念仏の家 (新字旧仮名) / 小寺菊子(著)