“頃来”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けいらい50.0%
このごろ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頃来の長雨もれ、各〻にも近く御帰国と思わるるが、兵家の常、またの再会はいつともり難い。先君をおびいたしながら、朝露のまに、粗茶一ぷくさしあげたいと思う。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
頃来書肆駸々堂主人一小冊を携えて来り、居士に一言をせん事を望む、受て之をすれば、即ち三遊亭圓朝氏のぜし人情談話美人生埋を筆記せるものなり。
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)