“測”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はか97.1%
はかる1.4%
0.7%
ほか0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その不安に絶えずおびやかされている矢さきへ、らずも今夜のような怪しい女に襲われて、お徳はいよいよその魂をおののかせた。
半七捕物帳:44 むらさき鯉 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
おくみは念のために座敷のお蒲団を一枚出して、縦横の寸法をして見た。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
定めて重要事件の打ち合せなるべしと思いれるには似もやらず、痴呆の振舞、目にするだにらわし、アア日頃頼みをかけし人々さえかくの如し、他の血気の壮士らが
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)