“觀測”のいろいろな読み方と例文
新字:観測
読み方(ふりがな)割合
かんそく66.7%
くわんそく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“觀測”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
たん一箇所いつかしよ觀測かんそくのみによつて震原しんげん位置いち推定すいていせられるのであるが
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
比較的ひかくてきながつゞいたとおもはれる東京とうきようにての觀測かんそく結果けつかげるならば
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
二百三十反射鏡はんしやきやう作用さようとによつて、ながら海上海底かいじやうかいてい光景くわうけい觀測くわんそくすることべく
はじめ朝日島あさひじまづるとき櫻木大佐さくらぎたいさ天文てんもん觀測くわんそくして、多分たぶんこの三四あひだは、風位ふうゐ激變げきへんからうとはれたが、てん仕業しわざほど豫知よちがたいものはない。