“逆浪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げきらう37.5%
さかなみ25.0%
ぎやくらう12.5%
げきろう12.5%
さからいなみ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
墓石大小によりて住職の心にぜずへかへせば、その逆浪して住職のこのむ石を淵に出したる事度々あり。
かの逆浪に觸れてくだくるカリッヂの浪の如く、斯民またこゝにリッダを舞はではかなはじ 二二—二四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
もなき大洞窟で、逆浪怒濤隙間もなく四邊打寄するにらず、洞窟めて靜謐樣子で、吾等に、跫音はボーン、ボーン、と物凄つた。
我が稲門健児は不幸にも、北側の第一レインを割り当てられ、逆風と逆浪の最もしい難路を辿らねばならず、つ、長身にして、短躯のクルウを連ね、天候さえ冷え勝ちで、天の利、地の利
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
いままで東北から吹いていた風が反対の西北に変ったので、波の余勢が風にあおられて山のような逆浪が立ち、海面いちめん煮釜が湯玉をあげるように沸きたつなかを船が後へ後へと戻りはじめた。
重吉漂流紀聞 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)