桑の実くわのみ
おくみが厄介になつてゐるカッフェーは、おかみさんが素人の女手でやつてゐられる小さい店だけれど、あたりにかういふものがないので、ちよい/\出前もあるし、お客さまもぼつ/\来て下さるので、人目にはかなりにやつて行けるらしく見えたが、中へ這入つて …
作品に特徴的な語句
んぶ あたくし ひん ふるぼ しばら まざ おほひ おつしや ぢき こゞ しば 一寸ちよい ちゆう なあに おいし とばしり こと てゝ ちぎ はすか おん かゝ つま 草原くさつぱ おろ かは 家主おほや しごき おい しよん つぶ あたし さが しづか 洋盃さかづき ふさ 継母はゝ 出入ではひ しま ほぐ いぢ まく はづ ひね 午後ひるから めく そつ くたぶ あが さか あせ おく ほど あかる いち たづ 黒人くろと かゝ どもゑ うつ しま 洋盞さかづき むき とぼ しよ あひだ 終日いちんち 牛酪ばた 単衣ひとへもの 漆喰たゝき 調子トーン したゝ おぶ 忿おこ とう もと なほ 微笑ほゝゑ 斑点ぶち たか 御悠ごゆつ 石鹸しやぼん ぼん びろ かぎり 午前ひるまへ