一席話いっせきばなし
上總國上野郡に田地二十石ばかりを耕す、源五右衞と云ふ百姓の次男で、小助と云ふのがあつた。兄の元太郎は至極實體で、農業に出精し、兩親へ孝行を盡し、貧しい中にもよく齊眉き、人づきあひは義理堅くて、村の譽ものなのであるが、其の次男の小助は生れつい …
作品に特徴的な語句
たる うま 變化ばけ 考慮しあん くすぐつた はづか ひしや 一時いつとき うへ 父親ちゝおや 取着とツつ はふ しめ 矢張やつぱ ゆき 出入ではひ へい あかり をつと ゆは はぢ おそろ つゝみ 白晝まつぴるま まへ 蒼海さうかい 引掴ひツつか 夕飯ゆふはん まさ 堪忍たへしの をんな 突飛つきと まゐ かつ おき やつこ ほど いち 娼妓おいらん いへ 家中うちぢう 此方こつち 身體みうち 宿しゆく じつ そつ まこと からま 矢張やつぱり きふ 何時いつも はう とほ すく えにし 日頃このごろ 緊乎しつかり あひだ ふり 夜遊よあそ ほめ まづ 女蕩をんなた 突臥つツぷ おこ らく こと ざま 突張つツぱ 可愛かはい こまか これ しに 母親はゝおや 午飯おひる まつ 曠野ひろの 小遣こづかひ 水車みづぐるま はゞ どころ かげ 引被ひきかぶ それ 顛倒てんだう 憂慮きづかひ あわたゞ 一歩いちぶ たふ なゝ わづら こゝろざ なに 悚然ぞつ いそ