“餘分”の読み方と例文
新字:余分
読み方割合
よぶん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼ハ郁子ヲギ込ンデカラソノママ寝室デウロウロシテイタノダガ、(腰掛ケルニモ餘分椅子ガナイノデ、僕ノ寝台ト妻ノ寝台ノ間ニ立ッテイタ)
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「それだけ賃錢餘分ります。」
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
打倒さんとするにぞ彌助は大に驚ろき逃出さんとして入口障子衝中と倒れしかば此物音に驚き亭主八五郎はより來り先々御客さま御勘辨下されよ實はが申通り今晩村の寄合御座候につき魚は餘分に仕入置しにより私し是に居てひ候はゞ御好通り早速御酒も肴もさし上げ申べけれども何を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)