飯坂ゆきいいざかゆき
旅は此だから可い——陽氣も好と、私は熟として立つて視て居た。 五月十三日の午後である。志した飯坂の温泉へ行くのに、汽車で伊達驛で下りて、すぐに俥をたよると、三臺、四臺、さあ五臺まではなかつたかも知れな …
作品に特徴的な語句
鍛冶屋かぢや 長火鉢ながひばち 背戸せど 石垣いしがき 羽目はめ 石燈籠いしどうろう しば あさひ さか すぎ 梶棒かぢぼう 白木しらき ひろ 繰返くりかへ 緑青ろくしやう 馬士うまかた 見渡みわた 透間すきま 島田髷しまだまげ 衣桁いかう 座敷ざしき 書肆ほんや 二間にけん 井戸端ゐどばた ちう 爪尖つまさき 一本いつぽん 夥間なかま みまは 片手かたて ひろ 御存ごぞん 海棠かいだう 實際じつさい 杜若かきつばた 案内あんない おく 後姿うしろすがた 蹴込けこみ 白雲はくうん 握拳にぎりこぶし 河原かはら かはら 細道ほそみち 此處こゝ 飛石とびいし 山谷さんこく 眞白まつしろ 街道かいだう みだ 其夜そのよ 瀬戸せと 小家こいへ 花壇くわだん 金屏風きんびやうぶ 青葉あをば とゞ 番頭ばんとう 入口いりぐち 家並やなみ 友達ともだち 裸身はだか 一面いちめん 以來いらい 大門おほもん かる 振向ふりむ 芝居しばゐ 二階にかい 大根だいこん 小川をがは 凸凹でこぼこ 人通ひとどほ 旅商人たびあきうど 眞暗まつくら うてな 駈上かけあが 黒髮くろかみ 打込うちこ 眞黒まつくろ 豁然くわつぜん 茅屋かやや 心細こゝろぼそ かず 見事みごと 片足かたあし 眞赤まつか 淺葱あさぎ つゞ 家居いへゐ いは 二三日にさんにち 二本にほん 荒涼くわうりやう 鉢植はちうゑ 飄逸へういつ 浴槽ゆぶね