飯坂ゆきいいざかゆき
旅は此だから可い——陽氣も好と、私は熟として立つて視て居た。 五月十三日の午後である。志した飯坂の温泉へ行くのに、汽車で伊達驛で下りて、すぐに俥をたよると、三臺、四臺、さあ五臺まではなかつたかも知れない。例の梶棒を横に見せて並んだ中から、毛 …
作品に特徴的な語句
いつく わかれ いつ ふつさ よし うつす おほき 淡紅ときいろ おほい よそ 場所しま じろ 男女だんぢよ はづか なが 姿容なりかたち 驟雨ゆふだち うへ おほき 彼方あつち 突出とつしゆつ おほい かつ じつ まへ 切立きつたて をく おほ とんが ぼつ 車夫わかいしゆ かを はう 前借さきがり さかり きれ をんな たなそこ とほ いへ 途中みち ふり 水際みづぎは 宿しゆく よく めづら 寂然しん あるひ いり そつ がく 洋傘パラソル かへる 傍聞かたへぎ きふ 此方こつち 温泉をんせん 心積こゝろづも 岩窟いはむろ 前途さき 浴槽よくさう つら つゝ 附着くツつ がら めい はひ うゑ 光景くわうけい 鋼鐵かうてつ こゝろ 茅屋かやや 遠霞とほがす 下屋したや もと はし ゆび 猪口ちよく ともしび 三枝みえだ 大門おほもん 調しら 一所いつしよ たとへ なゝめ 道理だうり 取着とりつ 旅宿りよしゆく