“生死”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いきしに25.3%
しょうし23.2%
しょうじ16.2%
せいし12.1%
しやうし8.1%
しやうじ7.1%
しようし3.0%
いきじに2.0%
しゃうし1.0%
じょうじ1.0%
まよい1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うだ、んだとへば、生死らなかつた、お無事しさに、張詰めたんで落胆して、つたんだ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
驚いて仔細をしたが、彼女は何にも答えなかった。赤児は恐らく重蔵のであろうと思われるが、男の生死は一切不明であった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
何よりもまず気遣わしい、お雪はと思うに、今息を吸取られてれたと同じ形になって、生死は知らず、姿ばかりはありました。
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
れるとれぬは生死日出雄少年をまんまるにして、まじき光景めてつたが、可憐姿から
旅籠屋つては実際容易ではからう、——仮初宿つた夫婦が、生死行衛れず、に、んど狂乱で、夜昼ともしに歩行く……
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そこで土間へて、「ういふ御修行んで、あのやうに生死場合平氣でおなされた」と、恐入つてねました。
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
しこの世の中からその楽を取去つたら、世の中は無い! 貫一といふ者も無い! 僕はその楽と生死にするのだ。さん、可羨いだらう
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
父親が没してから十年、生死の海のうやつらやの高波に揺られ揺られてじて泳出した官海もやはり波風の静まる間がないことゆえ
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
これ、おにゃったがならば、や。さうでなくばや。たった一言二言此身生死るのぢや。
「尼提よ。お前は仕合せものだ。一たび如来のお弟子となれば、永久に生死を躍り越えて常寂光土に遊ぶことが出来るぞ。」
尼提 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「無住処」とは、住処すなわち住するなき涅槃という意味で、他の語でいえば「生死に住せず、涅槃に住せず」という意味がこの「究竟涅槃」です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)