“せいし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セイシ
語句割合
西施16.8%
世子14.2%
生死10.6%
誓紙8.0%
勢至5.3%
正視4.4%
静思4.4%
聖旨3.5%
青史3.5%
誓詞3.5%
正使2.7%
靜止2.7%
制止1.8%
世嗣1.8%
盛糸1.8%
西詩1.8%
姓氏0.9%
整枝0.9%
星子0.9%
正嗣0.9%
正士0.9%
正始0.9%
清士0.9%
生祠0.9%
盛熾0.9%
製糸0.9%
西子0.9%
西駛0.9%
青糸0.9%
青絲0.9%
静止0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
双無塩西施るは蒹葭玉樹によるが如く、皓歯燦爛としてわらふは白芙蓉の水をいでゝ微風がごとし。
この時代には引きつづいて江戸の将軍の上洛があった。元和九年には二代将軍秀忠が上洛した。つづいてその世子家光も上洛した。
鳥辺山心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
産土があって、生死疾病諸種災難等守護ってくれればこそ、地上人間めてそのその生活めるのじゃ。
けとしやれば起證でも誓紙でもお次第さしませう、女夫やくそくなどとつても此方るよりは先方樣性根なし、主人もちなら主人もちならひなり
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
結跏趺坐した阿弥陀如来の豊かに流麗な像や、脇侍たる観音勢至両菩薩の、本尊に調和せんとする優婉な腕と胴体の動きなどは、薬師三尊に酷似している。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
いやその化物屋敷のような物凄い光景は、正視するのが恐ろしく、思わず眼を閉じて、日頃えたこともなかったお念仏口誦んだほどでした
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その中六ヶ月はマウント・アソスの希臘僧院で暮らし、静思休養につとめた。
この捷報は早くも開封東京汴城の宮門へ飛脚されたので、天子徽宗は大いによろこばれ、総理に聖旨をくだして、御感の状と、黄封の宮廷酒十瓶とを、征地の慰問に送らせた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
青史にのこる赤壁の会戦、長く世にわれた三大殲滅とは、この夜、曹操が味わった大苦杯そのものをいう。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と互の誓詞はあらざりけるを、帰りて母君にふことありしに、いとう驚かれて、こは由々しき家の大事ぞや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
丹左衛門尉基康は、俊寛成経康頼等三人の赦免状を携へてゐる。が、成経の妻になつた、島の女千鳥だけは、舟に乗る事を許されない。正使基康には許す気があつても、副使の妹尾が許さぬのである。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
同教授計算によると、火口から打出されてから山麓海面到達して靜止するまでの平均さは、毎秒二十米以上であつて、最大毎秒百五十米にも
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
調へ今や/\と待居たり只今雅樂頭出門とのせに直此方も繰出せり酒井家はあらんとは少しも知ず行列嚴重に來懸る處此方は御墨附短刀の長持を眞先に進ませ下に/\と制止
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
世嗣の位置をめぐって骨肉たがいに干戈をもてあそび、人民は嘆き、兵は怨嗟を放つの有様、天も憎しみ給うか、昨年来、飢餓蝗害の災厄も加わって、いまや昔日の金城湯池も、帯甲百万も
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
新比翼塚は明治十二三年のころ品川楼で情死をした遊女盛糸と内務省の小吏谷豊栄二人の追善に建てられたのである。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
西詩に多く見るところの、こうした「白愁」というような詩情を、遠く江戸時代の俳人蕪村が持っていたということは、実に珍しく不思議である。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
みてやむともなきみにして鹽噌苦勞らずといふなるそは何處れなるにやむべくむべき此慈善家姓氏といはず心情といはず義理さこそとるはりお乳母あるのみび/\ののものそれからそれと人手
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
大将「よろしいか。これから生産体操をはじめる。第一果樹整枝法、わかったか。三番。」
饑餓陣営:一幕 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
彼女は、廬山の向う側の星子という土地から、この浮梁の窯業場へ、働きに来ていた。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
信長の正嗣として立てた三法師秀信)をただ守り立てるためとして——自己を劉備玄徳遺孤を託された諸葛孔明の心事になぞらえ——ひたすら時節を待って来たのであった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
同期の藤岡由夫)君や、一年あとの菊池正士)君、それに相対性理論でアインシュタインに大いにをついた土井(不曇)さんなど、元気のよい連中が十人近くも集って
日本のこころ (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
く。——正始中山周南は、襄邑たりき。一日づるに、石垣隙間から、大鼠がちよろりとて、周南つてつた。此奴角巾帛衣してたとふ。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と。擧世(六一)混濁して(六二)清士はる。
「慈父丞相、大父孔明」と、いいたたえ、その戦蹟の諸地方に、早くも生祠(生き神様の祭り)を建て、四時の供物とりを絶たなかった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日にますます盛熾を致し、もって社会に誇るの工業といえどもかのワーテルロー〔一八一五年〕のときにあたりては実に微々たる幼稚の姿なりしことを。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
県会議員や郷先生をする傍、殖産興業の率先をすると謂って、を製糸場の模範工女にしたり、自家でも養蚕製糸をやったり、桑苗販売などをやって、いつも損ばかりして居た。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「厨者ノ作料ハ婦人ノ衣服首飾ナリ。天姿アリ、塗抹ヲ善クスト雖モ、敝衣襤褸ナラバ西子以テヲ為シ難シ……」
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
閑話休題——私は、この東奔西駛の二年間ほどのうちに、前に言った圓馬夫人斡旋の家庭がいよいよいけなくって服毒自殺を企てた。
わが寄席青春録 (新字新仮名) / 正岡容(著)
実物を手に入れた事がないから分析的な内容は判然しないが、強いアルカリ性のものである事は間違いないようである。すなわちこの毒を検するに彩糸を以てす。黒糸を黄化す、青糸を赤変す。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
御年く二十二、青絲紅玉平門第一の美男とて、かざす櫻も色失せて、何れを花、何れを人と分たざりけり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
それとも、たった五千メートルの距離から、静止せる巨艦を射撃して、二十門の砲手が、れたとでも仰有るのかね。なんという拙劣な砲手ども揃いじゃろう