三国志さんごくし10 出師の巻10 すいしのまき
まだ敵味方とも気づかないらしいが、樊城の完全占領も時の問題とされている一歩手前で、関羽軍の内部には、微妙な変化が起っていたのである。 魏の本国から急援として派した七軍を粉砕し、一方、樊城城下に迫ってそ …
作品に特徴的な語句
一抹いちまつ 対峙たいじ 悧巧りこう 敵愾心てきがいしん 深傷ふかで やじり 女々めめ ます 麾下きか 詰問なじ 坩堝るつぼ 畢生ひっせい 憤懣ふんまん 蔓草つるくさ 開闢かいびゃく 拷問ごうもん 乾坤けんこん 布令ふれ しば いた 和睦わぼく 殲滅せんめつ 謀叛むほん 銅鑼どら 忌憚きたん 臆測おくそく 喊声かんせい 人非人にんぴにん たに 炯眼けいがん 無碍むげ 大喝だいかつ 淙々そうそう 三度みたび 叡智えいち 谷間たにあい 嫡子ちゃくし 毀誉褒貶きよほうへん 黒檀こくたん 錚々そうそう 夢寐むび 些事さじ とら 遮断しゃだん なし 蕭条しょうじょう 何刻なんどき だん げき 轟然ごうぜん 鳶色とびいろ 仏頂面ぶっちょうづら 嶮岨けんそ 森々しんしん 臙脂エンジ くわ 強靱きょうじん 怯懦きょうだ 余燼よじん 悔悟かいご しよく 謀反むほん 酸鼻さんび 麒麟きりん 熾烈しれつ ほこ ふるい 凛々りんりん とばり ほこ 棟木むなぎ 阿鼻叫喚あびきょうかん 情誼じょうぎ 欺瞞ぎまん 烽火のろし 舎人とねり えっ ばく 荊棘けいきょく 区々まちまち 炬火たいまつ 翩翻へんぼん 薨去こうきょ 矛盾むじゅん 峨々がが 糾合きゅうごう ひょう やく 友誼ゆうぎ 容喙ようかい 恐懼きょうく 払子ほっす 晦冥かいめい ひん 燦々さんさん えい 不肖ふしょう
題名が同じ作品
三国志:01 序 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名)吉川英治 (著)