三国志さんごくし08 望蜀の巻08 ぼうしょくのまき
「この大機会を逸してどうしましょうぞ」 という魯粛の諫めに励まされて、周瑜もにわかにふるい起ち、 「まず、甘寧を呼べ」と令し、営中の参謀部は、俄然、活気を呈した。 「甘寧にござりますが」 「おお、来たか」 「いよいよ敵へお蒐りになりますか」 …
作品に特徴的な語句
アタ イタ ハシ クジ オモンバカ オワ かお イタ コラ ハカリゴト タダヨ 寿とし コレ ねご サカン トキ 足下ソッカ アダ 逝去みまか クラ マッタ うしの ソモ 夫人つま あざむ わずろ こう あく アマネク そう ヒナ かん めい 欄干ランカン ゆう 退 かつ とざ サイ きたな かく いら ほう ぼん かん おのの 義兄このかみ しらせ おち うし さかしま やまい 退しりぞ わざ 嗚呼アア しも いとけな 兄妹はらから せき うた しょく かたわ とうと こう とう ハシ ヒト 由緒いわれ のたも せい きゅう 墳墓つか 西川セイセン てい こうべ けい よろい 起因おこ つま つよゆみ はかり やもめ さま
題名が同じ作品
三国志:01 序 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名)吉川英治 (著)