“趨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はし59.6%
おもむ32.7%
3.8%
1.9%
ハシ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今のやうに作家が社会的な低い標準に向つてつてゐる時代には、とても優れた作を期待することは不可能である。何うも為方がない。
野の花を (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
... 有志の士はく弊藩まで駈付け申すべく候」と説き、また「徳川既に衰運にき候折柄の義に候えば、大坂陣と同日の論には御座無く候」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
飽くまで徳川家中心で、ふたたび庶民の幸福も皇室も犠牲にして、幕府ばかりえ太ってゆく専横時代がやって来るのではなかろうかと、世のく先が案じられる——。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
当時近代音楽の勃興時代で、真物偽物も、ひたむきに新奇をうてやまなかった時、ブラームスは雄大、厳重、素朴、敬虔な古典精神に
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)