楽聖物語がくせいものがたり
私は、私の流儀に従って、日頃尊敬する大音楽家の列伝を書いた。それは、あくまでも私の生活を通して見た大作曲家で、私の抱懐する尊崇と、愛着と、驚嘆と、そして時には少しばかりの批判とを、なんの蔽うところもな …
作品に特徴的な語句
気魄きはく 活々いきいき 対峙たいじ 無駄むだ 鍛冶屋かじや 有頂天うちょうてん 近頃ちかごろ 坩堝るつぼ 堪能たんのう 畢生ひっせい 斡旋あっせん いた 嗅覚きゅうかく はく 銘々めいめい 手柄てがら 整頓せいとん 満腔まんこう 無碍むげ 途絶とだ 飢饉ききん 勃興ぼっこう 巍然ぎぜん 稀薄きはく 精緻せいち 叡智えいち 烱々けいけい こうし 稀代きだい 素朴そぼく 従妹いとこ そり 疳癪かんしゃく 凡庸ぼんよう 厖大ぼうだい 未曾有みぞう 仰天ぎょうてん 清楚せいそ 含蓄がんちく 小唄こうた 跳梁ちょうりょう 熾烈しれつ 賜物たまもの 蹉跌さてつ 凛々りんりん ねぎら 嫉視しっし 風貌ふうぼう 情誼じょうぎ 居睡いねむ 海辺うみべ 生一本きいっぽん えっ 畏敬いけい 瞥見べっけん 誹謗ひぼう 隅々すみずみ 晏如あんじょ 胚胎はいたい 他家よそ 惨澹さんたん 手応てごた 瞑想めいそう 苛酷かこく 華々はなばな とりこ 纏綿てんめん 仕置しおき 叱咜しった 薬餌やくじ 讃美さんび 野辺のべ 駈引かけひき 有様ありさま 蒼黒あおぐろ 上梓じょうし 浅薄せんぱく 艶麗えんれい つぶ 素姓すじょう 人柄ひとがら 遺骸いがい 寡婦かふ 出来栄できばえ 玩味がんみ 豪宕ごうとう 人間業にんげんわざ 強靭きょうじん 泥棒どろぼう ゆず 田舎者いなかもの 奔走ほんそう 拝跪はいき 滅茶滅茶めちゃめちゃ さなぎ 悶着もんちゃく 指揮しき 僅少きんしょう