“極付”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きめつ33.3%
きめつけ33.3%
きわめつき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“極付”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 音楽史 各国の音楽10.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
トお政がかさに懸ッて極付きめつけかけたので、文三は狼狽あわてて、
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
かさにかかッて極付きめつけれど、文三は差俯向いたままで返答をしない。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
かさに懸ッて極付きめつける。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
シューマンのモーツァルトは極付きわめつきのものであるが、あの子守唄をこんなによく歌っている例を私は知らない。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)