“きめつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
極付25.0%
極附25.0%
毀滅25.0%
起滅25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
トお政がかさに懸ッて極付きめつけかけたので、文三は狼狽あわてて、
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「知らん。」と、苦い顔で極附きめつけるように云った。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
世界は常に公論ある人類の、永久的生存権を有するに非ざれば、必ず毀滅きめつの時日あるであろう。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
その他、あらゆる物事に、差別と平等が時に結び時に離れて、紛然雑然として起滅きめつを繰返しております。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)