上海しゃんはい
この作品は私の最初の長篇である。私はそのころ、今とは違って、先ず外界を視ることに精神を集中しなければならぬと思っていたので、この作品も、その企画の最終に現れたものであるから、人物よりもむしろ、自然を含む外界の運動体としての海港となって、上海 …
作品に特徴的な語句
ふるわ むか しら いた さっ よじ くわ たん 羽搏はばたか あぶの しあわせ 言葉もの きお おもん ねがわ やす 楼上ローシャン いつ ぴら 上手うま 糞壺モード つつ あた どま じゃ くら はず 仰有おっ からま 取付とりつけ はじ あせ いかり のが たくら よこたわ わか いじ 夕栄ゆうば 泥溝どろどぶ ひきがえる 物珍ものめず 塵埃ごみ 市場マーケット さかさ うごか むらが おだ 蹴返けか さだ こまか けん にく はずか さま おんな にわか 手巾ハンカチ きま こう 調しらべ ぐつ 招牌しょうはい かれ ひろが 赤裸はだか 弓門きゅうもん もら ながれ しま ふる 己惚うぬぼれ おどり