仏教人生読本ぶっきょうじんせいとくほん
二十年近くも、私が心に感じ身に行って来た経験をふりかえり、また、批判してみたことを偽りなく書き集めたのが、この書物となりました。私という一人の人間が、真に感じたり想ったりしたことは、同じ人間である世のみな様に語って真実同感して頂けることと信 …
作品に特徴的な語句
おわ くるし にゅう 美味うまく 各自みなみな いつ 外囲まわり 表面うわつら 行路コース 元来もとから 可憐いじらし 標本サンプル 徒然なおざり ドーア 作用モーション とん 吝嗇しわんぼう さかさま 観念かんがえ 愛惜おしみ 何等なに 跳躍はねおどり 去来うつりかわり はか 命令いいつか 一件いちぶしじゅう おこ こころ とう 疲労くたびれ おも 岐道わきみち うなず 象徴かたど ぎょう 無明ばか 軽忽そそっかしく ハードル いん あし しん 石鹸しゃぼん 角度カーヴ ことば 目標めやす にくみ 疲労くたび おろそ 巴里ぱり 顕現あらわ 血縁ちすじ へん 嬰児みどりご はた 施行ほどこし おさ 束髪ひさごはな むくい 能力はたらき 自然じねん 命令いいつ 善哉よきかな 瞞着だま 表現あらわ いだ 説伏ときふせ 安静しずか たなごころ はず あらた くず 墺国オーストリー ないがし 坑道あな 萎縮いじ しな 逃避にげかくれ かず 款待もてなし 亀鑑てほん 内部うち とど 漆喰しっく 鑑別みわ くう