“善哉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぜんざい40.0%
よいかな40.0%
よし10.0%
よきかな5.0%
ボン5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さア早う入つて、善哉喰べやうやないか。何ぐづ/\してるんや。」と、急に焦々した風をして、源太郎は善哉屋の暖簾を潛らうとした。
鱧の皮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
善哉、善哉。このはこれ、天の一につらなる宿性。元の心は剛にして直なり。粗暴乱行はしばし軌道を
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
沍寒の夢はつららを砥いで、風は陣々と滲みいるやうにあたりを廻りはじめてゐる。内から吹きあげる血の苦がい、灼けるやうな飛沫が叫ぶ、とうてい身はかわしきれないと。善哉
逸見猶吉詩集 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
ここにおいて文殊師利維摩詰に問う。我ら各自説きれり。仁者、まさに説くべし。何等をかこれ菩薩、不二法門という。時に、維摩、黙然なし。文殊師利嘆じて曰く善哉善哉。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そう何でもかんでも善哉じゃあ案内役の僕が困るが、いま「女の見世物」ってのが出て来たようだが、じつは、話はこの「女の見世物」と大いに関係があるんで——と言っても