“善哉善哉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぜんざいぜんざい66.7%
よいかなよいかな33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“善哉善哉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「——善哉善哉ぜんざいぜんざい。そんなこたアあとで分るよ。お常、前祝いだから今夜アもう一本つけねえ」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
善哉善哉ぜんざいぜんざい、われなんじを待つ事ここに久しだ。全体何をぐずぐずしていたのだ」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「よく打明けて下すった。自分も久しく董卓を討たんとうかがっていたが、めったに心底を語る者もないのを恨みとしていたところでした。善哉善哉よいかなよいかな、これぞ天の助けというものだろう」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)