“星”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほし88.8%
ぼし7.7%
せい2.1%
のんの0.7%
エトワアル0.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“星”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)11.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして、ほしかりにらして、やせたおんなに、いだかれている子供こどもかおをのぞきました。
星の子 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「しかし、にわとりさん、わたしはおまえさんを毎晩まいばんまもってあげますよ。」と、ほしはいったのです。
ものぐさなきつね (新字新仮名) / 小川未明(著)
どんなばんも、あめらないかぎりは、めくらぼしは、金色きんいろひかって、下界げかいちかそらをさまよいます。
めくら星 (新字新仮名) / 小川未明(著)
しかし、めくらぼしは、永久えいきゅうもりなかちかづくことができません。
めくら星 (新字新仮名) / 小川未明(著)
裾野陣すそのじん降兵こうへいをくわえた約千余の人数を、せいりゅうはくげんの五段にわかち、木隠こがくれ
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
3 からす北斗ほくとせい
ブルヴァル・キャプシンからマデレイヌ、RIVOLIから宮殿広場、オスマンからプラス・ドュラ・コンコルド、シャンゼリゼエからエトワアル、そこの凱旋門からボアドュ・ブウロニュの大街——とこう並べ立てると