“星”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほし88.8%
ぼし7.8%
せい2.2%
のんの0.6%
エトワアル0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「はやく、おへはいらないと、らぬにつれられていってしまうがな。」と、をながめて心細ったことがありました。
古いはさみ (新字新仮名) / 小川未明(著)
これは、、かごからげていなくなった子孫らであります。しかし、めくらは、永久づくことができません。
めくら星 (新字新仮名) / 小川未明(著)
けれど、この流離たるや、そもそも史進その人が、生れながらにして百八中の一星たる宿命だったことによるものだろう。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
シャンゼリゼエから、そこの凱旋門からドュ・ブウロニュの大街——とこう並べ立てると