“星雲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せいうん60.0%
ほしぐも20.0%
アンドロメダ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“星雲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ジョバンニはくちびるんで、そのマジェランの星雲せいうんをのぞんで立ちました。そのいちばん幸福こうふくなそのひとのために!
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「ああマジェランの星雲せいうんだ。さあもうきっとぼくぼくのために、ぼくのお母さんのために、カムパネルラのために、みんなのために、ほんとうのほんとうの幸福こうふくをさがすぞ」
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
まつぶさにしみみに見れば星雲ほしぐも微塵みぢんの光渦巻きにけり
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
竜巻山の空のあたりには星雲アンドロメダの薄光がゆらめいてゐた。