海阪うなさか
大正十二年二月一日午後、何処といふあてもなくアルスの牧野君と小田原駅から汽車に乗つた。その車室に前田夕暮君が居た。何処へ行くと訊かれたのでまだわからぬと答へた。君はと云つたら大島へ行くつもりだつたけれど汽船に乗り遅れたので引返すところだと云 …
作品に特徴的な語句
めぐ とを ひな くは おぢ をば もの はて あひ あひ こち こげ をぢ いつ 祖父おほぢ さや ゆた をうな かけろ 真向まつこう かほ たたな 家屋ちせ きほ あめ さか 木履サボウ にほひ さき すが こご はえ 昨夕よべ にひ もろ 燐寸マチ かは はなひり やは 水口いり 白馬しろ さみ うづ 湿地しめち はね しも 眼窩めのくぼ しる さや 醤油したぢ はなひ 幾時いくら かへ こほ 雑草あらぐさ 家内やぬち 前脚まへ うな あけ くれ たし ゆう えにし しみ 大沼おほぬ 雑草ざつさう 溝鼠みぞねずみ しゆ あれ かな かへる まだ ぞう 昨夜よべ