海阪うなさか
大正十二年二月一日午後、何処といふあてもなくアルスの牧野君と小田原駅から汽車に乗つた。その車室に前田夕暮君が居た。何処へ行くと訊かれたのでまだわからぬと答へた。君はと云つたら大島へ行くつもりだつたけれ …
作品に特徴的な語句
野分のわき なみ 夜寒よさむ しば 午過ひるす 銅鑼どら 田螺たにし 息吹いぶき 山葵わさび やなぎ 三人みたり 有縁うえん 碓氷うすひ 幾重いくかさ 燦々きらきら ひは 声高こはだか 丹塗にぬ 昆布こんぶ へた 鳥屋とや つが つぶ 虎杖いたどり 真青まさを 昨夕よべ 山間やまあひ 海女あま 燕麦えんばく 生地きぢ 日南ひなた 茱萸ぐみ 驚破すは 冷酒れいしゆ みぎり 荒磯ありそ 大蒜にんにく 汽船ふね 渓間たにま 産土うぶすな 二方ふたかた 落葉松からまつ 内外うちと 御嶽みたけ 御手洗みたらし 差出さしで 佝僂くぐせ 下心した 雪解ゆきげ 在処ありど 雑木ざうき いや 朝餐あさげ へら 馬酔木あしび 臨終いまは 弥撒ミサ 朝明あさけ はなひり ふご 御殿みとの 柔毛にこげ しべ 蹴爪けづめ 黄牛あめうし 黄金虫こがねむし 浮標うき 小止をや 晴衣はれぎ をさ 老木おいき 渡船とせん 地震なゐ 引手ひきで 牛乳ちち 猟人かりうど 真正面まとも 日射ひざし 不二ふじ 御師おし 春蚕はるご 椴松とどまつ 赤楊はんのき 眼眸まみ 後脚あとあし 水面みのも 目見まみ をぎ 小舟をぶね 外面とのも 光線ひすぢ 家路いへぢ