“家屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かおく42.4%
かをく18.2%
いえ12.1%
チセ9.1%
うち9.1%
いへ3.0%
すまい3.0%
ちせ3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
またった! そのたび大空が、えるように青白いほのおでいろどられて、るく家屋も、木立も、大地からがってられた。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
太古國民ずしも工作して家屋をつくることをらなかつたのではない。たゞその心理から、これを必要としなかつたまでゞある。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
自分等の家族は以前は巴里の市中に住んだがこのビヨンクウルに住居をして引移って来たということや、この家屋もなかなか安くは求められなかったというようなことまで
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
彼アイヌ、眉毛かがやき、白き髯胸にかき垂り、家屋に萱畳敷き、さやさやと敷き、かしきアツシシ、マキリ持ち、研ぎ、あぐらゐ、ふかぶかとその眼れり。
(新字旧仮名) / 北原白秋(著)
洋風ひの家屋の離れ/″\に列んだ——そして甚麽大きい建物も見涯のつかぬ大空に圧しつけられてゐる様な、石狩平原の中央の都の光景は、やゝもすると私の目に浮んで来て
札幌 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
火はにも根本の母屋には移らずに下の小い家屋一軒で、兎に角首尾よく鎮火したので、手伝ひに来て呉れた村の人々、喞筒の水にずぶれになつた村の若者
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
もっぱら西洋の割烹を用い。家屋も石造玻窓にかぎり。衣服は筒袖呢布ならでは着するをい。家の婢僕に至るまでも。わが国振りの衣服を着せしめず。皆洋服の仕為着を用いしむるまでにして。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
家屋熊檻このあしたし仔熊も起きてゐるかも
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)