重右衛門の最後じゅうえもんのさいご
五六人集つたある席上で、何ういふ拍子か、ふと、魯西亜の小説家イ、エス、ツルゲネーフの作品に話が移つて、ルウヂンの末路や、バザロフの性格などに、いろ/\興味の多い批評が出た事があつたが、其時なにがしといふ男が急に席を進めて、「ツルゲネーフで思 …
作品に特徴的な語句
ちひせ 祖父ぢいさん する こまか 御座ごア 容易ばか めへ 祖父ぢゝ おまへ くれゐ 前方めいがた とゞま まみ つる 御座ごわ そゞ いさゝか うら いふ 敏捷すばしつこ たてまつ 敏捷すばしこく おら 私等わしらあ おつしや こと ぬる うた がは しづ たゝ 爺様とつさん しまひ おつ かたは なだ 東京こつち なあ なか でか 爺様とつさま ひやゝ とつ をさま わし しつ つひ たげへ 何処どけ ちひさ 邂逅でつくは そら 父様とつさま みき つね とこ からか 打遣ぶつつか せゐ 低頭うつぶき やね 爺様ぢいさま 山中やまんなか 欺騙だまくら われ 不味まづい ゆつ おのづ こぼ そば しつか ゑみ とけ 大凡およそ 爪弾つまはじき 顔色かほつき 家屋いへ ゆつく まづ 富豪しんだい あま いから おだ いきどほり こは とゞ 自分われ すぐ かたはら 仙女フエリー 彼方あつち