“割烹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かっぽう80.0%
かつぱう5.0%
りょうりや5.0%
にたき2.5%
かつぱうす2.5%
りょうり2.5%
れうり2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
梅水は、以前築地一流の本懐石、江戸前の料理人が庖丁をびさせない腕をいて、吸ものの運びにも女中のさばきをんだ割烹
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
は遙か半町も離れた二階下の臺所に行かなければ一人もゐない。病室では炊事割烹は無論菓子さへ禁じられてゐる。して時ならぬ今時分何しに大根卸えやう。
変な音 (旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
以前、新橋のK……で叩き上げた技倆だと、自慢してる丈の事は有って、年は二十八だが、相応に庖丁も効き、つい此間迄は、浅草の、好く流行る二流所の割烹の板前だった。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
また割烹の法とか育児法とか申す事位は、台所で母や下女と相談したり、出入の医者に聞いたり、一、二冊の簡便な書物を読んだりしても解る事です。
離婚について (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
「十三日。(五月。)晴。午後微雨。関帝祭祀。安石夫婦来割烹。」関帝を祭ることは、維新後にも未だ廃せられずにゐた。飯田安石と其妻とが来て庖厨の事をつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
もっぱら西洋の割烹を用い。家屋も石造玻窓にかぎり。衣服は筒袖呢布ならでは着するをい。家の婢僕に至るまでも。わが国振りの衣服を着せしめず。皆洋服の仕為着を用いしむるまでにして。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
加之何事にも器用な人で、割烹の心得もあれば、植木りも好き、義太夫と接木巧者で、或時は白井様の子供衆のために、大奉八枚張の大紙鳶を拵へた事もあつた。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)