離婚についてりこんについて
陸軍軍医正の藤井氏と東京音楽学校助教授の環女史との離婚が、新聞紙の上で趣味の相違から生じた離婚だとか、陸軍と芸術との衝突だとか大袈裟に報道せられ、これについて諸先生方の御批評なども見えております。陸軍と芸術とがもし衝突致すものなら、只今の我 …
作品に特徴的な語句
うべなわ 出会であわ むずか だまさ きめ 存在ながらえ あげ もとっ わずらわ いだ せい ますま あまり 割烹にたき おさま 片方かたっぽう たまき とおざ 不可いか あめ とく もっとも よっ にげ かたよ 前後あとさき つと とり うけ なづ おさ すくな たび 御亡おなく 御尤ごもっとも 御積おつもり いま 惹起ひきおこ 沙汰ざた 浅薄あさはか 畸形かたわ おのずか 至当あたりまえ 言換いいかえ ただ のが はるか 関係かかわり とん 一一いちいち 一毫いちごう 三助さんすけ のぼ 下女げじょ 乃至ないし 仁徳にんとく もっ 何故なぜ 使途つかいみち ためし 其処そこ 冥途めいど すなわ いや 只今ただいま かな 各々おのおの きさき あじわ 喰違くいちが たしな すわ 夕顔ゆうがお しゅうとめ くわ よろ もっぱ 少時しばらく みかど 度度たびたび 弘化こうか 弥聒やかま 形造かたちづく 御柱みはしら おこ 息子むすこ なさけ いただ 手緩てぬる たく
題名が同じ作品
離婚について (新字新仮名)宮本百合子 (著)