“言換”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いいか66.7%
いいかえ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“言換”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
女の言う所を言換いいかえて見れば、お前さんは学生上りで悪気がないから、それでわたしは安心して同棲をしている。
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
言換いいかえれば椿岳は実にこの不思議な時代を象徴する不思議なハイブリッドの一人であって、その一生はあたかも江戸末李より明治の初めにいたる文明急転の絵巻を展開する如き興味にたされておる。
言換いいかえれば両氏の人格の修養が不完全であったのでしょう。
離婚について (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)