“言事”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いうこと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“言事”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だからお前さんも私の言事いうことを聴いて、課長さんに取り入ッて置きゃア今度もやっぱり善かッたのかも知れないけれども
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「マアサ私の言事いうことをお聞きヨ。それよりかアノ叔父も何だか考えがあるというからいずれとっくりと相談した上でとか、さもなきゃア此地こっちに心当りがあるから……」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)