“戻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もど87.6%
もと9.0%
もどり2.0%
かえ0.5%
0.5%
レイ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
達二は早く、おじいさんの所へろうとしていで引っしました。けれどもどうも、それは前に来た所とはっていたようでした。
種山ヶ原 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
正義を守るこれ成功せしなり、正義よりるまた正義より脱する(たとい少しなりとも)これを失敗という、大廈えて高く
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
さるゝもさに默止れば駕籠舁共は夫婦に向ひもし旦那駕籠ゆゑ御安直參りやす何卒なされといひけるに浪人夫婦は是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
すなわち私はへ引っ繰りるということも想わなければ、前へ進むということも考えず、ただそうして頑是ない子供のように、単純に繰り返し繰り返し、自己の四十二年の屈辱の生涯を
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
ふまじ/\なく兄様しまんによもみはしはじよそながらもしきおきくばかりがせめてもぞといさぎよく断念めながらかずにつたひて思案のよりあとにどりぬさりとてはのおやさしきがみぞかし一向につらからばさてもやまんを
闇桜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
一筋黒ク硫末ヲヒク 暴ノ季節ヨ
逸見猶吉詩集 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)