種山ヶ原たねやまがはら
種山ヶ原というのは北上山地のまん中の高原で、青黒いつるつるの蛇紋岩や、硬い橄欖岩からできています。 高原のへりから、四方に出たいくつかの谷の底には、ほんの五、六軒ずつの部落があります。 春になると、北上の河谷のあちこちから、沢山の馬が連れて …
作品に特徴的な語句
どご 仕舞しむ うな あい わらす 彼処あそご おわ 斑々ぶちぶち 岩片いわかけ あら むこ 湿気しっき ゆる おこ さだ ぶち いそ あず おら かご がわ かわ たか ぬの はや あぶ さお ひら じゃく 放牧ほうぼく だれ じつ こな けん わたくし 工夫こうふ しば かた 幾片いくへん むか つめ ひるが 一度いちど よだ 背負せお あつか 脇差わきざ はら とも きゅう こわ けむり にわ 非常ひじょう いそが しず ぬぐ うさぎ かす 結付ゆいつ よこ よう 横腹よこばら かみなり 楢夫ならお ひき 草穂くさほ つづ つか 剣舞けんばい におい したが 素早すばや
題名が同じ作品
種山ヶ原 (新字旧仮名)宮沢賢治 (著)