“幾片”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いくひら55.6%
いくへん44.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今も老人はその算当をしてしまって、幾片いくひらかの金を封じにかかると、その窓の下でバタバタと人の走る音がしました。
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
遅桜おそざくら幾片いくひらが、どこからか風に送られてくる。晩春、月はまだかさし、木々の芽のにおいはほのかだった。——と、誰か、徐々、膝拍子をたたきながら朗吟する者がある。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
両手を袖へ引っ込ませると、バラバラと落ちて来た小判幾片いくひら。甚内が蒔いたさっきの小判だ。
三甚内 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
幾片いくひらは、朽ちもせで、路のほとりに。
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
と言って、お銀様が無雑作むぞうさに箱の中からつまみ出したのは、幾片いくひらかの小判でありました。
大菩薩峠:35 胆吹の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
その太陽たいようは、少し西の方にってかかり、幾片いくへんかのろうのような霧が、げおくれて仕方しかたなしに光りました。
種山ヶ原 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
復一は急いで眼口を閉じたつもりだったが、牡丹ぼたん桜の花びらのうすら冷い幾片いくへんかは口の中へ入ってしまった。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
無駄口をたたく学者や、蓄音機の代理をする教師が露命をつなぐ月々幾片いくへんの紙幣は、どこからいてくる。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そのげたうすぜんにはした川魚をわん幾片いくへんかのえた塩漬しおづけの胡瓜きゅうりせていた。
泉ある家 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)