金魚撩乱きんぎょりょうらん
今日も復一はようやく変色し始めた仔魚を一匹二匹と皿に掬い上げ、熱心に拡大鏡で眺めていたが、今年もまた失敗か——今年もまた望み通りの金魚はついに出来そうもない。そう呟いて復一は皿と拡大鏡とを縁側に抛り出し、無表情のまま仰向けにどたりとねた。 …
作品に特徴的な語句
くすべ くだ まげ いき はじらい とどこお かた えだ さが 退すさ もつら じょう づか おそろ たすか おさま あら 縹緻ひょうち まぬが めず くゆ あせ なま ごく かっ こしら がち やわらか よじ 服飾ふくしょく すぼ こら はず かたま 大様おうよう よろこ 尾鰭おびれ おのれ 希臘ギリシア 同伴どうはん 薄膜はくまく にくし 憧憬あこが いだ はが おびや はなれ そびや こら 露出ろしゅつ みた くわだ なめ 気配けは たが 白痴はくち かえりみ 服装ふくそう かたくな がさ 微紅びこう 彼女かのじょ かれ 彫刻ちょうこく 淡々たんたん 砲丸ほうがん 引締ひきしま ろう つむ やす 幾片いくへん かすか 一堆いっつい うかが 眼差まなざ こう たず うるお みな 姥捨うばす しゃが 焦慮しょうりょ せば